スポンサードリンク

てんやの店舗、営業時間、クーポン、持ち帰り、カロリー、メニュー、てんやの日について

てんやの店舗について

 

天丼で有名なてんやの店舗は首都圏を中心に展開していますが、2018年12月現在北海道に2店舗、青森県に3店舗、宮城県に2店舗、福島県に1店舗、茨木健に2店舗、群馬県に2店舗、埼玉県に21店舗、千葉県に19店舗、東京都に94店舗、神奈川県に25店舗、富山県に1店舗、長野県に5店舗、静岡県に3店舗、愛知県に5店舗、岐阜県に1店舗、大阪府に3店舗、岡山県に1店舗、広島県に2店舗、愛媛県に4店舗、福岡県に5店舗あります。

海外にも出店していて香港、台湾、インドネシアに1店舗あります。天丼てんや以外に大江戸てんやや天ぷらてんやが東京都や栃木県にはあります。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

てんやの営業時間は

 

てんやの営業時間は店舗ごとに異なっています。公式サイトの店舗情報から確認することができます。

てんやでは24時間営業はしていません。

 

 

てんやの持ち帰りについて

 

てんやではお持ち帰りが可能なメニューがあります。お持ち帰りメニューは冬ズワイガニ天丼弁当(期間限定)、ふもと赤鶏天丼弁当、お弁当各種、盛り合わせ・1品モノ各種があります。

お弁当は、天丼弁当、新オールスター天丼弁当、上天丼弁当、特丼弁当、野菜天丼弁当、えび鶏天丼弁当、小天丼弁当があります。盛り合わせや1品メニューはお得天ぷら盛り合わせや天ぷら盛り合わせ、野菜天盛り合わせ、新オールスター天盛り合わせ、エビ、いか、ホタテ、レンコン、まいたけ、さつまいも、ヤングコーン、かぼちゃ、おくら、きすの1品天ぷら、ご飯、半熟卵、ドリンクの持ち帰りが可能となっています。

自宅にご飯があれば盛り合わせだけ持って帰って天丼にすることもできますね。おつまみにもおすすめです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

てんやのクーポンについて

 

てんやのクーポンは公式サイトからも入手できます。通常のクーポンと発券機用のクーポンがありますので必要なほうを印刷するか、会計時にスマホの画面を提示して割引してもらいましょう。

誰でもいつでも使えるのは良いですね。対象外とされているもの以外どの商品も50円引きとなります。一部店舗では利用できないので注意しましょう。また他のクーポン券との併用もできません。

不定期ですが紙のクーポンが配布されていることもあります。これはさらに値引きされるクーポンなので入手した場合ラッキーです。

お持ち帰りを利用される人は、スタンプカードのスタンプを集める事でクーポン券として利用できます。

他にもJAF会員の場合は会員証の提示でいつでも50円引きとなります。

 

 

てんやの日とは?

 

てんやではよりお得に天丼を楽しんでもらうためにてんやの日が設けられています。

この日はいつものメニューがお得に食べられるチャンスです。

てんやの日は通常毎月18日になっています。

 

 

てんやのメニューについて

 

てんやの天ぷらが美味しい理由は、使用している油にあります。

安い天ぷらって油が戻ると美味しくないのですがてんやは安くても美味しい天ぷらに仕上がっています。

日清oillioに特注している植物油で揚げていてサクサクの食感を時間がたっても維持できるようになっています。

いつ食べても美味しく飽きのない味にするために、食材のうまみを活かしてくれる油を使用しているのが特徴です。

そのためどのメニューもとても美味しく食べることができます。

季節限定のメニューもあり期間が限られているので人気があります。現在は冬天丼が販売されています。

またふもと赤鶏を使用した天丼も販売されています。れんこんやなんこつつくね、おくらの天ぷらも入っていてボリューム満点の天丼です。

大根おろしのトッピングや半熟卵のトッピングでより美味しくなります。

 

 

てんやのメニューのカロリーは?

 

てんやのメニューのカロリーは公式サイトから確認できます。

アレルギー情報等も掲載されていますので、カロリーやアレルギー情報が知りたい場合は公式サイトを確認してみましょう。

 

 

 

スポンサードリンク