スポンサードリンク

セブン銀行のATM,営業時間、手数料、振込について解説!

セブン銀行のATMについて

 

セブン銀行のATMは、主に全国のセブンイレブン内に設置されています。コンビニの店内にATMがある光景は今ではごく普通になりましたが、セブンイレブンではセブン銀行のATMのみを設定しています。ただのコンビニATMという訳ではなく、れっきとした銀行のATMです。

 

このATMはセブン銀行のキャッシュカードはもちろん、様々な提携先の銀行のキャッシュカードでも利用できるだけでなく、大手消費者金融のアコムやプロミス、アイフル、SMBCモビットのキャッシングカードにも対応しています。

 

また、一部のクレジットカードの利用にも対応しており、そのようなカードを挿した場合にはキャッシングサービスが利用できます。(カード内のキャッシング枠を使った引き出しです)

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ATMの利用時間・営業時間は?

 

セブン銀行のATMの利用時間は、原則的に24時間です。セブンイレブン自体が24時間営業ということもありますが、1日中いつでも利用できるというのは、このATMのとても大きなメリットだと言っていいでしょう。

ただし、定期的なメンテナンスの時間帯や、提携先のカードではそれぞれ使えない時間が決められていることがあります。

 

尚、このセブン銀行のATMは、セブンイレブンの展開だけでなく、一部のショッピングセンターや駅構内などに設置されていることもあり、そのようなATMでは設置されている施設の営業時間に準じた営業となっています。

 

例えば午後10時で閉まってしまうショッピングセンター内に設置されている場合、施設自体が閉まってしまった後には利用できません。

 

 

 

セブン銀行のATM手数料について

 

セブン銀行のATMを使った際の手数料ですが、セブン銀行のキャッシュカードであれば、入金と残高照会は24時間いつでも無料です。引き出しのみ、曜日などと問わず7時~19時の間は無料ですが、それ以外の時間帯には都度108円が掛かってしまいます。

 

提携先として利用する場合には、そちらの基準次第です。例えば三菱UFJ銀行では、シルバーステージ以上の口座であれば、毎月(この銀行では20日~翌月の19日で1ヶ月となっています)ごとに2回までは無料で利用できます。

 

尚、消費者金融のキャッシングカードやクレジットカードカードの利用では、曜日や時間帯を問わず、常に1万円までの利用で108円、それを超える場合は216円の手数料が発生します。詳しくはそれぞれの提携先のホームページなどで確認してください。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

ATMでの振込について

 

セブン銀行のATMは残高照会や入金、引き出しだけでなく、振込を行うこともできます。この振込はセブン銀行のキャッシュカードだけでなく、提携先のカードでもそれに対応していれば行えます。

 

提携先として利用する場合、手数料はそれぞれの提携先ごとに定められている内容に依りますが、セブン銀行のキャッシュカードを使う場合、同一のセブン銀行の口座宛なら7時~19時までは一律で54円、それ以外の時間外で162円が手数料として掛かり、他行宛なら7時~19時までは一律で216円、それ以外の時間帯だと324円の手数料が掛かります。

 

振込をセブン銀行のATMでした場合、必ず利用明細書が発行されるので、それを忘れずに受け取って保管しておいてください。

 

 

 

セブン銀行とゆうちょ

 

セブン銀行のATMは、ゆうちょ銀行の提携先にもなっています。このゆうちょ銀行の提携先として利用する場合、入金と引き出し、残高照会に利用できます。ゆうちょ銀行からの振込には利用できません。

 

手数料は、平日の8時45分~18時、土曜日の9時~14時までの利用で入金、引き出し共に108円が掛かります。それ以外の時間帯は共に216円で、残高照会はいつ行っても無用です。

 

また、毎日23時55分~24時の間はゆうちょ銀行としてのメンテナンス時間になる為、残高照会を含めて一切利用できません。

 

このようなメンテナンス時間は提携先ごとに異なり、その時間帯にはセブン銀行としては営業していても利用することはできないので注意してください。

 

 

スポンサードリンク